バスタオルでもできるオリジナルタオル

subpage1

オリジナルタオルは、タオルの大きさや種類を選択した後に、プリントや刺繍などの技法でオリジナルのデザインを入れることができるサービスですが、タオルのサイズはさまざま用意されているのでバスタオルでも作ることができます。


バスタオルは、どの家庭でも何枚あってもいいアイテムとなるので、お祝いの品やお返しでもある内祝いなどでも大活躍をします。


ギフトでバスタオルを贈る場合に、何かオリジナル性を高めたいという時に名入れは効果的であり、部分的にも全面にも入れることができます。部分的に入れる場合には、刺繍という技法が役立ちます。



光沢のある糸を重ねてデザインを入れることになるので、目上の人に贈る場合であっても高級感があって落ち着いた雰囲気を出すことができます。
ただし、刺繍が入っている部分は糸が重なっていることから、バスタオルのふんわりとした風合いはなくなってしまうことになります。
そのために、入れるのであれば部分的に小さなイニシャルなどにするといいでしょう。
また、プリントの場合には部分的にも全面にも入れることができます。

朝日新聞デジタルの最新情報を掲載しました。

たくさん発注するのであれば、シルクスクリーンプリントにすると印刷代を抑えることができますが、一枚からでも利用ができるのがインクジェットプリントです。



版を作る必要がないことから版代の負担もなく、写真のように細かい図案であっても鮮明に映し出すことができるので、ペットの写真でも顔が崩れる心配がありません。

意外な真実

subpage2

店頭で触ってみて、ふんわりとしたフェイスタオルを見つけたのであれば、購入してすぐにでも使いたいと思うはずです。顔を拭いたときにふんわりとしたタオルであれば、なんだかほっとするような温かい気持ちになることが出来ます。...

next

1から学ぶ生活

subpage3

お風呂に入るときにバスタオルを使用している人は、洗うのも大変です。何日も続けて使用したり、家族が一枚のバスタオルを共有する家庭もありますが、清潔な状態を他盛りたいのであれば、毎日を選択をする方がいいでしょう。...

next

大人の常識

subpage4

良いフェイスタオルを選ぶために重要なポイントとして、まず肌触りや吸水性を挙げることができます。フェイスタオルは手指や顔を拭くのに使用しますから、柔らかく肌に優しい素材のものを選びたいものです。...

next

身に付けよう

subpage5

様々あるタオルの種類の中でも、ハンドタオルとフェイスタオルは区別が付きにくいものです。ハンドタオルは、多くは正方形かそれに近い形をしており、手を拭くことを主な用途にしています。...

next